RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
太陽と月の魔女カード―Witch Cards of the Sun & the Moon
太陽と月の魔女カード―Witch Cards of the Sun & the Moon (JUGEMレビュー »)
マリィ・プリマヴェラ,小泉茉莉花,太陽と月の魔女(マリィ・プリマヴェラ&小泉茉莉花)
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

マリィ・プリマヴェラの日記


   *********************************

占い、面白いです!
なぜって自分のこと、あなたのことが的確にわかるから。
そして未来が見えるから。
それを生かすも生かさないのも自分次第、あなた次第。
上手に占いを使って楽しく生きていきたい!
それが私の願いです。

   *********************************

■鑑定のご案内 
http://diary.marie-p.net/?cid=45982

■「占い家庭教師」について 
http://diary.marie-p.net/?cid=45989

■お仕事について
http://diary.marie-p.net/?cid=44136

■お仕事のご依頼
http://form1.fc2.com/form/?id=912767

   *********************************
<< 雪! | main | アニミズム・トランプ >>
『九つの星で運命を知る九星術』&『78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット』
0
    このところ、頭を悩ませていたのが
    九星術とタロットでした。

    九星術。
    気学のもとになっている占術ですが、
    気学といったほうがわかりやすいかもしれません。
    お教室に通って勉強しました。
    そのときは、よしっ! わかった!
    と意気揚々としていたものですが、
    ふと振り返ると、あれ? なんだっけ…?
    なんだか身についてないのです。

    原因はわかっています。
    九星術を使っていないから。
    いくら先生からお習いしても
    いくら本を読んでも
    占いとして使っていかないと
    身につかないのです。
    ほら、外国語だってそうでしょ。
    学生時代に一生懸命に勉強しても
    学校を卒業してから使う機会がなければ
    忘れてしまう…。
    それです。

    タロット。
    こちらもお教室に通いました。
    もちろん本も読んでいます。
    何冊も、ね。
    恥ずかしながら、タロット本の著書すらあるのです。
    でも、どうしてか占えない。

    多分、ですけれど
    私は魚座に月があり、アセンダントも魚座。
    直感はかなり鋭いはずです。
    ところが双子座に太陽、水星、火星、木星と
    4つも星を持っているのですね。
    こいつらが
    「感じたことなんか信用ならない!
    理屈がちゃんと通らなきゃダメ!」と
    せっかくの直感を阻止しているのです。
    だから、つい理屈でカードを読もうとする。
    これだと通り一遍の解釈しかできなくなくなり、
    行き詰ってしまうのです。
    あ〜、もう、タロットとは相性が悪いわ!
    何度、そう思ったことか。

    というわけで、九星術とタロットの本を購入。




    鎗田宗准先生の『九つの星で運命を知る 九星術』と
    LUA先生の『78枚のカードで占ういちばんていねいな タロット』。
    思い立ったが吉日と
    ネットでポチったのが一昨日。
    雪の中に配送中ですというお知らせがきたりして
    ハラハラしていましたが
    昨日、ちゃんと届きました!

    鎗田先生もLUA先生も、存じ上げている方なので
    安心してポチることができたのですが、
    さて、どちらを先に読みましょうか。
    いや、同時並行か?
    嬉しい悩みです。
    ああ、楽しみ♪♪

    | | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://diary.marie-p.net/trackback/1091292