RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
太陽と月の魔女カード―Witch Cards of the Sun & the Moon
太陽と月の魔女カード―Witch Cards of the Sun & the Moon (JUGEMレビュー »)
マリィ・プリマヴェラ,小泉茉莉花,太陽と月の魔女(マリィ・プリマヴェラ&小泉茉莉花)
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

マリィ・プリマヴェラの日記


   *********************************

占い、面白いです!
なぜって自分のこと、あなたのことが的確にわかるから。
そして未来が見えるから。
それを生かすも生かさないのも自分次第、あなた次第。
上手に占いを使って楽しく生きていきたい!
それが私の願いです。

   *********************************

■鑑定のご案内 
http://diary.marie-p.net/?cid=45982

■「占い家庭教師」について 
http://diary.marie-p.net/?cid=45989

■お仕事について
http://diary.marie-p.net/?cid=44136

■お仕事のご依頼
http://form1.fc2.com/form/?id=912767

   *********************************
<< 伊藤比呂美 朗読会 | main | 二の酉 >>
大好き!伊藤比呂美 
0
    前回に続いて
    「フェミニスト現代詩人」伊藤比呂美さんのお話。
    (以下、敬称を略します)

    本を整理しようと考えました。
    何を捨て、何を残すか。
    それはとてもとても大きな問題です。

    もういいや、この本、捨てるわ。
    いや、誰かがもらってくれないかな。
    あの人ならばこの本、読むかもしれない。
    あああ、もう面倒くさいっ。
    どっかに売り払うか!
    …という繰り返しの末に至った結論は
    どうしても残しておきたい本と
    そうじゃない本とを、
    まずは分けてみよう、ということ。

    どうしても残しておきたい本は
    占い関係、あと4人の作家さんの本。
    その中のひとりが伊藤比呂美!
    といえば、どれほど私が伊藤比呂美を好きなのか
    お分かりになるかと思います。




    これは手元にある伊藤比呂美著書の一部。
    多分、この倍は持っていると思います。

    さて、伊藤比呂美のホロスコープを作ってみました。
    出生時刻がわからないので
    12:00としてあります。

    太陽、金星、火星が乙女座に。
    細やかで、神経の張った、
    まさに詩人を体現するような星の配置です。

    獅子座には天王星、月、木星、冥王星と4つの星。
    土星が蠍座。
    固定宮に星が5つ。
    ああ、これか!
    彼女があれほどイキイキとしていて
    あれほどあからさまに自分を語り、
    あれほど自分を主張するのは、これか!
    すごく納得しましたよ。

    そしてフェミニスト詩人と呼ばれる所以も
    わかるような気がします。
    だって女王様の獅子座に星が4つですよ。
    そしてセクシュアリティを語る蠍座に
    根をがっしりと張る土星がいる。
    なるほどねぇ。
    ホロスコープは嘘つかない!

    で、星がホロスコープ上の一方向に偏っています。
    これは生き方や性格など
    まあ、言ってみれば偏っているということで。
    だからこそ詩人・伊藤比呂美が生まれるわけですね。

    伊藤比呂美は、実は子育てエッセイ本の先駆けです。
    その一作目「良いおっぱい 悪いおっぱい」によって
    今、世の中にたくさん出版されている子育てエッセイの道が
    切り開かれたのです。
    先駆者にして、女王!

    ※伊藤比呂美さん、勝手にホロスコープ作って
    あ〜だ、こ〜だ言ってごめんなさい…。
    大好きです!
    | 非日常のこと | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://diary.marie-p.net/trackback/1091273