RECOMMEND
太陽と月の魔女カレンダー2016【カレンダー】
太陽と月の魔女カレンダー2016【カレンダー】 (JUGEMレビュー »)
太陽と月の魔女,マリィ・プリマヴェラ,小泉茉莉花
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
太陽と月の魔女カード―Witch Cards of the Sun & the Moon
太陽と月の魔女カード―Witch Cards of the Sun & the Moon (JUGEMレビュー »)
マリィ・プリマヴェラ,小泉茉莉花,太陽と月の魔女(マリィ・プリマヴェラ&小泉茉莉花)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
プロフィール
マリィ・プリマヴェラ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

マリィ・プリマヴェラの日記

【太陽と月の魔女】が久しぶりに鑑定会を開催します!

日時  5月13日(日曜日)13時ー19時
場所  東京・麻布十番 占いカフェ&バー燦伍(sango) 
        http://khakisenda.wixsite.com/eranos 
料金  60分 18000円+ワンドリンク代
    (30分 9000円+ワンドリンク代 も可)
ご予約を受け付けております。
詳しくはブログ「太陽と月の魔女」http://sunandmoon.blog.so-net.ne.jp/2018-04-06-1まで!

   *********************************

【太陽と月の魔女/年運ノート2018・パーソナル版】発売中!

ご購入者さま個人の2018年1年間の運勢をお届けします。
占いユニット〈太陽と月の魔女〉が
二人で語りあうスタイルで
パーソナルかつ詳しい運勢鑑定です。

※詳しくは以下の記事をご覧ください。
http://sunandmoon.blog.so-net.ne.jp/2017-12-07-4

   *********************************

※鑑定のご案内
【対面鑑定】【メール・郵送鑑定】
お子様の将来を占う【赤ちゃん・子ども鑑定】がございます。

マリィ・プリマヴェラ オフィシャルサイト http://www.marie-p.net/
「鑑定・お問い合わせ」の“お申込みフォーム”よりご連絡ください。

   ______________________________________

《料金》
対面鑑定
●ショート鑑定 (30分)7,000円
●ロング鑑定 (2時間以内)18,000円

メール・郵送鑑定
●メール版ショート鑑定(約1000字) 6,000円
●メール版ロング鑑定(約2000字) 10,000円
●郵送版ショート鑑定(約1000字) 7,000円
●郵送版ロング鑑定(約2000字) 11,000円

赤ちゃん・子ども鑑定
(ロング鑑定のみ 約2000字以上)
●メール鑑定 10,000円
●郵送鑑定  11,000円


   *********************************

「占い家庭教師」いたします。
リクエストに応じて、個人でもグループでも
レッスンをいたします。
以下の【お問い合フォーム】よりご連絡くださいませ。
http://form1.fc2.com/form/?id=912767

   *********************************

<< 環境を変える | main | 桜に思う・続き >>
桜に思う
0
    トライポフォビア。
    集合体恐怖症、あるいは斑点恐怖とも。

    斑点恐怖症というとおり、
    斑点、つまりツブツブを見るとゾッとして体が強張り、
    呼吸が荒くなり、気分が悪くなって、
    場合によっては気絶する…。

    私はこのトライポフォビアです。
    これがために、お花見ができません。
    桜の花のひとつひとつの真ん中に、おしべとめしべがあります。
    その花がびっしりと木にへばりついて
    それがずーーっと続いているのが、お花見の場面ですよね。
    怖いです。
    ぞっとします。
    体に緊張が走ります。
    こう書いているだけでも息が荒くなりそう。




    その場を立ち去りたくなります。
    それができないときは、地面を見たり、目をつぶったりして
    桜の花が目に入らないように工夫します。

    いつの頃か、そうなりました。
    先端恐怖症、高所恐怖症、そういったものと、まぁ同じでしょうね。

    よく車を運転するのですが
    うっかり桜並木などを走ろうものなら
    もう視野が急速に狭まり、ひたすらスピードを上げて突っ走ります。
    だって桜並木ときたら
    延々と桜の木が続いているのですから。

    幸いなことに桜のシーズンは非常に短い。
    だから、やり過ごすことができます。

    ところが春になると桜のみならず、次々と花が咲きます。
    私が住む東京郊外は群生しているスポットが多く、
    今年は桜以外の花でも、びっしりと咲いているのはダメになりました。
    中心にくっきりとポイントがある、同じ形のものがどっさり並んでるだなんて、
    怖い!

    そうと意識しなければ、あるいは大丈夫なのかもしれません。
    しかし自分はトライポフォビアであり、
    ツブツブが怖いのだと認識してしまった今、
    もはや「花」を意識しないわけにはいきません。

    確かに何年か前までは、説教的にお花見してました。
    キレイだねぇ、ステキだねぇと桜の花を見ていました。
    お花見できなくなったのは、いったいどうしてなのでしょう…。

    何かのキッカケでトライポフォビアというものの存在を知って
    あっっ! と思ったときから、私はトライポフォビアなのです。

    怖い!と感じたら、人は恐怖の対象を避けます。
    これ以上、怖い思いはしたくないから。
    対象は、たとえば「桜の花」「お花見」と大括りに限定できても、
    詳細に見れば、それ以上にいくつでも出てきます。
    花の群生、パイナップル、いくら…。
    怖いから、次々と出て“きそう”な対象物を避けるようになる。
    ひょっとしたら本当に怖いかもしれないものね。

    しかし、これ、幻想かもしれない。
    「怖い」ではなく「怖いかもしれない」なのだから。
    単なる思い込みかもしれない。
    なんであれ恐怖を味わいたくないから、
    可能性がちょっとでもあるものは、遠ざける。
    そして、怖いかもしれないし、怖くないかもしれないものを
    できるだけリアルに思い浮かべてみては
    あ、やっぱり怖い、と思うわけです。
    でも、それはあくまでも自分の頭の中で操作しているだけであって
    現実に怖いのか、怖くないのか、確認しているわけではない。

    言ってみれば、自分の力で恐怖を呼び起こし、
    その恐怖が次の恐怖を呼ぶわけです。
    あるいは、恐怖が新たな恐怖を生み出す。

    今日も仕事部屋の窓から覗けるたくさんの桜が目に入らないよう
    カーテンを閉めて部屋に籠っていたわたくしです。

    さて、そんなことを考えていると
    恐怖というマイナスの方向の話ではなく、
    ラッキーとかツキとかのプラス方向の話が思い浮かびました。

    …続きはまた後日。


    | 日常雑記 | 00:35 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    マリィ先生

    こんにちはー。
    私は揺れるのがダメなんですよ。
    ブランコとかね。

    で、タッピングで少し軽減したのですが、半年程度しか効果がもちません。それでも、前ほどは。
    今度、トントンしてみます?
    | 章月綾乃 | 2017/04/12 2:02 PM |










    http://diary.marie-p.net/trackback/1091238