RECOMMEND
太陽と月の魔女カレンダー2016【カレンダー】
太陽と月の魔女カレンダー2016【カレンダー】 (JUGEMレビュー »)
太陽と月の魔女,マリィ・プリマヴェラ,小泉茉莉花
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
太陽と月の魔女カード―Witch Cards of the Sun & the Moon
太陽と月の魔女カード―Witch Cards of the Sun & the Moon (JUGEMレビュー »)
マリィ・プリマヴェラ,小泉茉莉花,太陽と月の魔女(マリィ・プリマヴェラ&小泉茉莉花)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
プロフィール
マリィ・プリマヴェラ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

マリィ・プリマヴェラの日記

【太陽と月の魔女】が久しぶりに鑑定会を開催します!

日時  5月13日(日曜日)13時ー19時
場所  東京・麻布十番 占いカフェ&バー燦伍(sango) 
        http://khakisenda.wixsite.com/eranos 
料金  60分 18000円+ワンドリンク代
    (30分 9000円+ワンドリンク代 も可)
ご予約を受け付けております。
詳しくはブログ「太陽と月の魔女」http://sunandmoon.blog.so-net.ne.jp/2018-04-06-1まで!

   *********************************

【太陽と月の魔女/年運ノート2018・パーソナル版】発売中!

ご購入者さま個人の2018年1年間の運勢をお届けします。
占いユニット〈太陽と月の魔女〉が
二人で語りあうスタイルで
パーソナルかつ詳しい運勢鑑定です。

※詳しくは以下の記事をご覧ください。
http://sunandmoon.blog.so-net.ne.jp/2017-12-07-4

   *********************************

※鑑定のご案内
【対面鑑定】【メール・郵送鑑定】
お子様の将来を占う【赤ちゃん・子ども鑑定】がございます。

マリィ・プリマヴェラ オフィシャルサイト http://www.marie-p.net/
「鑑定・お問い合わせ」の“お申込みフォーム”よりご連絡ください。

   ______________________________________

《料金》
対面鑑定
●ショート鑑定 (30分)7,000円
●ロング鑑定 (2時間以内)18,000円

メール・郵送鑑定
●メール版ショート鑑定(約1000字) 6,000円
●メール版ロング鑑定(約2000字) 10,000円
●郵送版ショート鑑定(約1000字) 7,000円
●郵送版ロング鑑定(約2000字) 11,000円

赤ちゃん・子ども鑑定
(ロング鑑定のみ 約2000字以上)
●メール鑑定 10,000円
●郵送鑑定  11,000円


   *********************************

「占い家庭教師」いたします。
リクエストに応じて、個人でもグループでも
レッスンをいたします。
以下の【お問い合フォーム】よりご連絡くださいませ。
http://form1.fc2.com/form/?id=912767

   *********************************

ブルームーン・スーパームーン・皆既月食その後
0
    昨晩の天文ショー、
    ご覧になりましたか?
    とりわけ皆既月食!
    見る見るうちに月が欠けていって
    すごいかったですね。
    膨らんでいく月は見られませんでしたが。

    1月2度目の満月ブルームーン。
    見ると幸せを呼ぶといわれる
    かなりレアな出来事です。
    そして地球と月の距離が近くなるために
    月がとても大きく見えるスーパームーン。
    さらに皆既月食!
    月がオレンジ色でした。

    ところで体調、心の調子、
    いかがですか?

    月食は古来、禍々しいことを惹き起こすといわれてきました。
    そして満月は人の心のバランスを狂わせるとも。
    実際にデータがあります。
    今日の朝日新聞には
    「満月 ライダーは注意」というタイトルで
    カナダの研究が載っていました。
    満月の夜はバイクでの死亡事故が
    それ以外の夜と比べて5%ほど高いそうです。
    さらに普段の満月と比べて
    スーパームーンの夜は事故リスクが2割増。
    そんな内容です。



    写真は、月食が始まる前の満月。
    うっすらと雲がかかっていて
    ぼんやりと見えたオレンジ色の月。
    肉眼で見たとき、
    すでにして重苦しいものを感じていたわたくしです。

    満月と皆既月食のせいでしょうか、
    わたくしは2日ほど前から気持ちが落ち着かず、
    心がザワザワしていました。
    昨晩もそうです。
    そして今日もまだ気持ちはざわついて、
    さらにはメランコリックな気分になり、
    はぁぁ〜とため息をつくことも多く、
    いまだ落ち着いてデスクに向かうことができません。
    今日1日はこんな状態が続くでしょうね、きっと。

    こんなときにお出かけしたり、
    体力的精神的に負担がかかることをしたり、
    まして新しいことを始めたりするのは
    あまりいいこととは思えません。
    なんらかのアクシデントがあっても
    少しも不思議じゃありませんもの。

    みなさまも今日1日は
    どうぞご用心なさいませね。


    | 非日常のこと | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    占いフェス、お疲れさま!
    0
      1月6〜8日、六本木ヒルズにて
      占いフェスがありました。
      私が占い師として参加したのは8日だけでしたけれど
      大盛況!
      冷たい雨の降る中、大勢の方が列をなし、
      その列はいつまでたっても途切れることがありませんでした。

      テラスではプチスクールあり、トークショーあり。
      いろんなグッズも売ってたそうで。

      で!
      3日間来場者数は5万500人!!

      なんてすごいことでしょう。
      今回が3回目の占いフェスですけれど
      盛り上がり度合いが加速してますよ。

      お運びくださったみなさま、
      ありがとうございました!
      そして数百名の占い師さんたち、
      お疲れさまでした!



      休憩中に六本木ヒルズ窓から見えた東京タワー。
      そして向こうは東京湾。
      眼福✨
      …どうしても写真が横になってしまう(涙)


      | 非日常のこと | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      満月。ケガに気をつけて!
      0
        昨日のこと。
        かがみこんで仕事部屋を片付けていたら
        足の上にものすごい衝撃が。
        デスクに置いてあったパソコンのモニターが
        バランスを失って
        私の足の上に降ってきたのです。
        左足中指の付け根のあたり。
        その痛いことといったら…。
        もう声も出ません。
        ううぅぅぅ…と唸り声がもれるだけ。

        しばし時を待ち、
        そっと靴下を脱いでみたら
        すでに数センチほど腫れていました。

        冷やし続けたのですが
        甲のみならず足裏までも腫れてしまい、
        歩くのに難儀することといったら。

        日曜ゆえ病院にも行ません。
        ひょっとしたら骨折しているかも…と
        不安でしたけれど
        かといって仮に診察を受けられたとしても
        たいした処置もされないでしょう。
        安静にして、冷やし続けるしか手はありません。

        ケガの翌日である今日、
        整形外科を受診。
        レントゲン撮影の結果、
        骨折らしき個所はあるけれど、
        断定はできない、とのこと。
        1週間、様子を見ましょうと。

        そしてドクター曰く
        「今日はケガの患者さんがすごく多くてねぇ」。

        あ!
        そういえば今日は満月でした。


        ※これは満月ではありません。満月の2日前の月。


        正確に言うなら、満月になるのは
        12月4午前0時47分。
        日曜日の深夜というわけですね。
        しかも今回の満月は、スーパームーン。
        月と地球との距離が近づくために
        満月が通常よりもうんと大きく見えるのです。
        もちろん月からの影響力も大きくなるでしょうね。
        満月の前後数時間、ひょっとしたら丸1日ずつくらいは
        影響があると考えていいかもしれません。
        ケガ人が多いのは、そのせいでは…?

        満月が近いとわかっていながら
        うかつにもケガしてしまったわたくし。
        占星術師失格、かもしれません、泣きたい…。

        それはともあれ、
        みなさまもご用心なさいますよう。
        明日1日くらいは
        スーパームーンの魔力が及ばないともかぎりませんよ!


        | 非日常のこと | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        日笠教授の「人間学的憲法学」
        0
          人間学的憲法学。
          さて、これはいったい何でしょうか?

          冬の始まりの日曜日。
          大学時代のクラスメートが集まりました。
          憲法の講義を聴くために。
          お話ししてくださるのは
          憲法学の権威にして、駒澤大学の副学長、
          法科大学院教授 日笠完治氏。



          うふふ、日笠教授、実はクラスメート!
          かつて机を並べた私たちに向け、
          「日笠憲法のエッセンスをお伝えしたい」と
          特別講義をしてくださったのです。

          友人と「幸せ問題研究会」と銘打って
          幸せって、いったいどういうことなんだろうね、
          幸せになりたいよね…、
          と語らったことがありました。
          結論なんか出るはずもなく、
          そのささやかな研究会は立ち消えてしまったのですが…。

          日笠教授のレジュメのトップページには
          「人間は皆幸せに生きることを望んでいる。
          そこで、人間が幸せに生存できる条件、
          とりわけ、社会や国家が
          どのような条件を満たすことが必要か
          ということを考えたい」とあります。
          あれれ、私たちの「幸せ問題研究会」と根っこが同じ!

          そう、私たち人間が幸せでいるためにある憲法、というのが
          日笠教授のお考えであり
          日笠憲法学の根幹をなすもの。
          …かな?
          (間違ってる?…わかんない。。。)

          自分に厳しく、粘り強く、
          考察し、検証し、さらにまた考え…というのが
          学者のありようなのでしょうが、
          しかし日笠教授は、加えて、人を見る目が温かい。
          懸命に生きる人間を愛おしく思う。
          だからこそ生まれる人間学的憲法学なのでしょうね。

          講義の内容で、
          こんな話が印象的でした。

          民主主義とは、多数決の原理が働き、
          そこからこぼれた少数の人たちを生み出します。
          多数も少数も、どちらをも救うのが法律。
          あるいは、個人ひとりひとりが道徳を持ち、
          各々違っている道徳観を
          上手に調整するのが法律。
          …そんなことを話していただきました。

          もうひとつ印象に残ったのが
          「人間の価値観には、真・善・美があるが
          どれが最も大切だと考えるか」と聞かれたこと。
          正解はないでしょうが、
          けれど知りたい。
          いったい真・善・美、どれが大切なのでしょう?

          かつて法律学科の学生だったわたくしですが
          法律とはなんと嫌なものだろうと思っていました。
          “法律学科のお勉強”がイヤだったのでしょうね。
          難しすぎる!
          面白くない!
          だって人の心を捨て置いているのだから。
          学生のときは、そう思っていました。
          その思いは、卒業後もずーっと持ち続け、
          そして、今のところ、
          人の心の領域に立ち入る占い師という仕事をしています。

          ところが、日笠教授の口から飛び出してきたのは
          ちっとも難しくない法律!
          人の思いを最も大切にする憲法学!

          参加した元クラスメートたちは
          口々に「素晴らしかった!」
          「学生時代にこういう授業を受けたかった」と。
          その通りです!

          日笠くん!
          素晴らしく充実した時間を、ありがとう!

          ・・・・・・・・・・・・・・・・

          さて、教授であり法律家であるという面から、
          日笠教授を木星に見立ててみましょう。



          木星はつい最近の10月10日に蠍座入りしたばかりです。
          そして金星と、オーブ6度のコンジャンクションにして
          魚座にいる海王星とトリン。
          深く強く思いを巡らし、感動を呼びおこします。
          非常にエモーショナルな星の配置。
          つまり日笠教授は、ご自身も大きな心の動きを覚えるし、
          また周囲の人々にも感動と感銘を与える。
          そんな星の配置です。

          また、この日の月は射手座にあり、
          同じ射手座には水星と土星がコンジャンクション。
          射手座は、法律関係を表す星座であり、
          水星は知性を、土星は忍耐強さを意味します。
          学者そのもの、ですね。

          そして、ここからがスゴイところなのだけれど
          知性の星=水星は、ドラゴンヘッド、天王星と各々120度、
          つまり、この3つの感受点はグランドトリンを形成していたのです。

          新鮮な驚き。
          知性の興奮。
          幸福への入り口。
          それが「法律」というものを介して。

          いやはや、ホロスコープとは
          なんと正確に物語を伝えているのでしょう!

          | 非日常のこと | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          二の酉
          0
            11月は酉の市。
            毎年、酉の日をチェックして
            忘れないようにスケジュール帳に書き込んで、
            けれど一の酉に行くことは、稀。
            たいがい二の酉。

            なぜ?
            ふふふ、だらしないから。

            一の酉の日に気が向かなくて
            ま、いいか…と先送りして
            結果、二の酉になるということです。
            三の酉まである年は
            もちろん三の酉になってしまいます。

            今年は三の酉まであるのですけど、
            11月最後の日30日。
            珍しく用事が立て続けに入っていて
            とても無理そう。

            そこで二の酉の今日18日、
            意を決して、新宿は花園神社へ。
            土曜日は普段以上の人出だろうからと
            夜10時半すぎに行ったのです。



            どう? この人の数!!
            この半分くらいかと予想していました。
            参道から社殿まで列ができて
            なかなかお参りできません。

            それでも、この一年の安泰にお礼をお伝えし、
            これからの一年をお守りくださるようお願いし、
            熊手をいただき、
            厄除けの切山椒を求めることができました。
            ああ、ひと安心!

            三の酉まである年は火事が多いとか。
            どうぞお気をつけなさいませ。


            | 非日常のこと | 02:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            大好き!伊藤比呂美 
            0
              前回に続いて
              「フェミニスト現代詩人」伊藤比呂美さんのお話。
              (以下、敬称を略します)

              本を整理しようと考えました。
              何を捨て、何を残すか。
              それはとてもとても大きな問題です。

              もういいや、この本、捨てるわ。
              いや、誰かがもらってくれないかな。
              あの人ならばこの本、読むかもしれない。
              あああ、もう面倒くさいっ。
              どっかに売り払うか!
              …という繰り返しの末に至った結論は
              どうしても残しておきたい本と
              そうじゃない本とを、
              まずは分けてみよう、ということ。

              どうしても残しておきたい本は
              占い関係、あと4人の作家さんの本。
              その中のひとりが伊藤比呂美!
              といえば、どれほど私が伊藤比呂美を好きなのか
              お分かりになるかと思います。




              これは手元にある伊藤比呂美著書の一部。
              多分、この倍は持っていると思います。

              さて、伊藤比呂美のホロスコープを作ってみました。
              出生時刻がわからないので
              12:00としてあります。

              太陽、金星、火星が乙女座に。
              細やかで、神経の張った、
              まさに詩人を体現するような星の配置です。

              獅子座には天王星、月、木星、冥王星と4つの星。
              土星が蠍座。
              固定宮に星が5つ。
              ああ、これか!
              彼女があれほどイキイキとしていて
              あれほどあからさまに自分を語り、
              あれほど自分を主張するのは、これか!
              すごく納得しましたよ。

              そしてフェミニスト詩人と呼ばれる所以も
              わかるような気がします。
              だって女王様の獅子座に星が4つですよ。
              そしてセクシュアリティを語る蠍座に
              根をがっしりと張る土星がいる。
              なるほどねぇ。
              ホロスコープは嘘つかない!

              で、星がホロスコープ上の一方向に偏っています。
              これは生き方や性格など
              まあ、言ってみれば偏っているということで。
              だからこそ詩人・伊藤比呂美が生まれるわけですね。

              伊藤比呂美は、実は子育てエッセイ本の先駆けです。
              その一作目「良いおっぱい 悪いおっぱい」によって
              今、世の中にたくさん出版されている子育てエッセイの道が
              切り開かれたのです。
              先駆者にして、女王!

              ※伊藤比呂美さん、勝手にホロスコープ作って
              あ〜だ、こ〜だ言ってごめんなさい…。
              大好きです!
              | 非日常のこと | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              伊藤比呂美 朗読会
              0
                日差しが明かるい11月の昼前、
                東京・三鷹市にある国際基督教大学で
                伊藤比呂美さんの詩の朗読会がありました。
                主催はジェンダー研究センター。
                「ジェンダーと詩」という通しタイトルです。

                で、厳密にいえば
                午前中が詩の朗読会、
                午後は講演会とワークショップ。
                都合がつかなくて、朗読会のみの参加でした。

                なぜに「フェミニスト現代詩人」伊藤比呂美なのか?
                (以降、敬称は略します)
                大好きなのですよ、伊藤比呂美!
                フェミニストという括りで、ではなく
                母親というカテゴリーで。

                伊藤比呂美を知ったのは
                はるか昔のこと。
                九州に切腹を本気で考えてる女性詩人がいてね…、
                そんな話を小耳にはさんだことがきっかけでした。
                その後、娘がお腹にいるときに
                「良いおっぱい 悪いおっぱい」という著書を知りました。



                彼女が第一子の妊娠、出産を経ての
                いわば子育て本です。
                これが面白いのなんのって!
                なにせ、子育ての奥義は
                「かさつ・ぐうたら・ずぼら」ですってよ!

                娘を産み育てる間、何度
                「がさつ・ずぼら・ぐうたら」と唱えたことでしょう。
                娘はこの本で育ったのも同然です。

                ご自身で描いたイラストも好きだし、
                本の中身ももちろん大好き。

                そして実際に間近に見た伊藤比呂美の
                なんとステキなことか!
                肩の下まで伸ばしている
                白髪交じりのカーリーヘア。
                大きなサングラス。
                黒いシャツ、黒いぴったりしたパンツ。
                黒のDr.マーチンの編み上げ靴。
                そしてグレイのリュックに
                「伊藤製作所」と染められた布のサブバッグ。
                手にしているのは、MacのPC。
                あぁ、かっこいい!!

                朗読会だというのに
                かなり饒舌なおしゃべりが間に挟まり、
                旧知の友だちの話を聞いているような気分でした。

                そして!
                サイン、もらっちゃった!!
                もちろん「良いおっぱい 悪いおっぱい」に。



                写真も一緒に撮ってもらいました。
                これは本当はアウトだったかもしれないけれど。

                こういう観客の要望にも
                ひとつも嫌がらずに応えてくれる女性なのもまたかっこいい!
                お嬢様はいまどうしてらっしゃるんですか?
                「良いおっぱい 悪いおっぱい」の第一子カノコちゃんとか
                第二子サラコちゃんとか、第三子トメちゃんとかね。
                伊藤比呂美自身が著作物でプライベートをあからさまにしているので
                厚かましいわたくしは、どんどん聞いちゃいましたよ。

                素晴らしくステキな日でした。
                伊藤比呂美のようになれたら
                どんなにいいだろう。
                そりゃあ持っているものが違うから
                同じにはなれるはずもないけれど…。

                はい、サイン本は家宝です!

                あ、「良いおっぱい 悪いおっぱい」は
                改訂版が川出書房新社から文庫本で出ているそうです。
                改訂と言っても、相当に加筆なさったようで
                新しい別の本と思ってもよさそうです。


                | 非日常のこと | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                部分日食 & 黒髪の夢
                0
                  明日3月9日(水曜日)は
                  部分日食がおこります。
                  東京では15%ほど、太陽が欠けて見えるとか。
                  ジャワ島、スマトラ島のインドネシアあたりが
                  皆既日食エリア。
                  ですから、日本では南に行くほど欠け方が大きいとのこと。

                  東京ならば、10時12分に欠け始め、
                  最大食が11時8分、
                  終わりが12時5分ですって。

                  日食は、月によって太陽が隠されたもの。
                  太陽は、盛大なパワーや権力を暗示しますから
                  古来、不吉なものとされてきました。

                  今回の日食は、魚座でおきます。
                  魚座には海王星がいるし、
                  その反対側の乙女座には、木星がいる。

                  楽観的になったり、ぼんやりしていたら
                  引っかき回されることになりそうです。
                  日食の影響力は長く続くので
                  しばらくは大変な思いをするかもしれません。

                  というわけで、明日は動き回らず、
                  落ち着いて周囲を見回し、
                  慎重になったほうがいいでしょうね。
                  大事な判断も先延ばしが正解ではないでしょうか。


                  ・・・・・・・・・・・・・・・・


                  ところで。
                  前日の記事の続きです。
                  出張先に着いたその晩、
                  私はこんな夢を見たのです。

                  列に並んでいる私。
                  髪が真っ黒です。
                  そして知らない男性が黒髪の私の頭を押さえ、
                  「髪が黒い奴はあっちに行け!」と言い、
                  私に制裁を加えようとする…。

                  普段は茶髪の私ですけれど
                  ちょっとした手違いから
                  出張直前に黒髪になってしまったのです。
                  それがとても嫌だった。
                  そんな思いが夢になったのだと思っていたのですが、
                  案外そうじゃないかもしれない。

                  夢の中の頭や髪は、理性や思考を意味します。
                  それが真っ黒だったのは、
                  不安や恐れがある証拠。
                  そして抑え込まれているのは
                  心身の不調のあらわれでしょうね。

                  確かに私は具合が悪かった。
                  とても疲れていました。

                  けれど…、ひょっとしたら猫さんの不調を感じとっていたのかもしれない、
                  そうも思います。

                  ただね、夢の中の私は
                  抑え込んできた人に対して
                  とても反抗的な気持ちを抱いて、
                  プイッと横を向いた…。

                  これは、抱える問題を打破できるということ。

                  それが猫さんのことであろうと
                  私自身のことであろうと
                  難問をきっと乗り越えられる、
                  夢はそう伝えていたのでしょう。
                  そして見事、猫さんは復活した!

                  私も猫さんも、自信を持っていい!
                  自分の、そして猫さんの体力と気力とを信じていい。




                  今日も猫さん、うとうとと…。
                  尤も、キャットシッターさんが撮ってくださった写真ですけどね。


                  | 非日常のこと | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  あけましておめでとうございます!
                  0
                    新年おめでとうございます。



                    旧年中はなにくれとなくお心にかけていただき、
                    またお引立ていただき、
                    心より感謝しております。
                    今年も同様、ご贔屓くださいますよう。

                    そして皆さまのもとに幸せがやってきますように!


                    さて、私の年末年始。
                    どうにも気力がわかず、それどころか体力もなくなり、
                    ほんとうに、ほんとうになーーーんにもしないで過ごしました。
                    どうしても出かけなくてはならない時だけ
                    名実ともに重い腰を上げ
                    必死の思いでお化粧して、髪をとかして、
                    なんとかかんとか着替えて…。

                    そのうえ!
                    大晦日の日、昨日のこと。
                    飼い猫の様子がおかしい。
                    朝起きたら、猫トイレのまわりがトイレ砂だらけ。
                    猫を見ると、そわそわして
                    何度も何度も、それこそ5分おきくらいにトイレに入る。
                    すわ、一大事!
                    これは結石に違いない!

                    猫、とりわけオス猫は結石ができやすく
                    尿が出なくなって
                    命取りになることもあるのだそうですが、
                    うちの猫はその結石が既往症。
                    結石には、ストロバイトとシュウ酸カリウムの2タイプあって
                    その両方ともやってるのです。
                    おそらく結石ができやすい体質ということもあるのでしょうね。
                    間違いなく、それだわ!
                    …とドキドキしたものの、
                    年末年始休暇でかかりつけの獣医さんは閉院中。

                    大晦日の1日、様子を見たのだけれど
                    やっぱり改善される様子もなく。
                    そこで探しましたよ、ネット検索して、
                    休み中も診てくださる獣医さんを。

                    それが大晦日の晩11時頃。
                    ようやく見つけたのが、夜間に動物を診てくださる救急センター。
                    泣きそうになりながら電話をして症状をお伝えしたら
                    「すぐにいらしてくださいね」と。

                    夜中の12時前、
                    いやがる猫にリードを装着し、
                    ペット用ケージバッグに押し込んで、
                    車で突っ走りました。

                    救急センターには先着患者がいたので
                    待合室でちょっと待ってたのですが、
                    何しろ病院以外には外に出たことのないうちの猫です、
                    怖くてぶるぶると震えているし、
                    知らない場所で、知らないドクターの声が聞こえてくるのですから
                    もう怖くて怖くて、鳴き続け。
                    ミィミィと鳴いてるうちはよかったのだけれど
                    しまいにはおおお〜んおおお〜んと吠えるように鳴き出して…。

                    さて、診察結果。
                    心配していた結石ではなかったようで、
                    単なる膀胱炎ですね、とのこと。
                    あぁ、よかった!
                    ほっとして、涙が出ましたよ、わたし。

                    体調がちょっと悪くなると
                    体内にいる細菌が急激に増えて
                    膀胱炎を発症するのだそうです。
                    抗生剤とステロイド剤の混合注射をちくんとしていただいて
                    それでお終い。
                    救急センターではお薬は出せないのだそうで、
                    帰宅後も調子が悪かったら
                    かかりつけの獣医さんで診てもらいなさいね、と。
                    しかし1月3日までは休診です。
                    それならば片っ端から動物病院に電話して
                    お薬だけでもだしてもらいなさい、って。

                    こうして帰宅したのが、1月1日の3時前。
                    年をまたいで、猫騒動だったわけで。

                    もう14歳半の猫ですから
                    何があってもおかしくないとは思っていても
                    家にいるのが当たり前の、
                    言ってみれば、家族です。
                    それも一人娘と一緒に育った家族、
                    きょうだいみたいなものです。
                    ペットの寿命は、人間よりもずーっと短いのだから
                    とはわかっていても
                    恐ろしいです。
                    不安です。
                    悲しいです。

                    まぁ、そんなこんなで年越しもお正月もないわたくし。
                    ようやっと先ほどお雑煮をいただきました。
                    これでなんとかかんとかお正月らしくなった…かな?





                    | 非日常のこと | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    太陽が山羊座へ & 花買い開運法の結果は…?
                    0

                      明日22日(火曜日)は、冬至。
                      1年で最も日が短く、太陽の力が弱まる日。
                      そして、これからはまた太陽がぐんぐんと力をつける境目の日。
                      この日が来るのをどれほど待ち望んだか。
                      尤も、寒さはますます厳しくなるわけですから
                      冬至がきたからといって
                      うかうかしてはいられませんけれど。
                      ゆず湯、かぼちゃでリフレッシュしましょうか。

                      さて、明日22日は太陽が山羊座へと移動します。
                      山羊座14度には冥王星が居座っています。
                      既に水星が山羊座入りしています。
                      安定感のあるひと月なのですが、
                      それとともに、今まで根を張っていた重しがいったい何なのか、
                      その正体が見えてくるかもしれませんね。
                      楽しみなような、ちょっと怖いような…。


                      ところで。
                      明日は花買い開運法の実践日でもあります。
                      決まった時間に、決まった方角で花を求め、
                      玄関などに飾っておくと運気があがる、
                      とりわけ金運がアップする、というもの。

                      今回は 11:00か13:00  西南  です。

                      お花は香りのいいものを。
                      買ったら、一目散に帰宅して飾ること。
                      寄り道厳禁ね。
                      即効があるのが、花買い開運の特徴で、
                      事実、その日だったり翌日だったりに
                      ちょっとしたお小遣いが、降って湧いたように手に入る!

                      で、前回の花買いは11日だったのですが
                      その日はスイトピーを買いました。
                      ピンクの濃淡や薄紫を取り混ぜて。
                      そして玄関に飾って、かれこれ10日。

                      花がしおれていないか、
                      水は足りてるかと毎日チェックしていたのですけど
                      今朝のこと。
                      何だか様子がおかしい。
                      よく見たら、しおれかけた花からサヤエンドウみたいな実が!



                      きっとメシベが成長したんでしょうけれど、
                      なんと可愛らしい、そしてなんと珍しい!
                      思わず写真をパチリ。

                      おっと、これ、現象占いとしたら、かなりの吉兆じゃないかしら。
                      現象占いとは、印象的なできごとで吉凶を占うというものなんだけど、
                      実がつく、つまり何かの成果があるということでは…!?
                      ふふっ、いいことあるかも!

                      11日の花買いの成果らしいものは、まだありません。
                      何もないこともよくあるので、そんなものかと思ってたけど
                      案外これからいいことあるのかもしれない。
                      そんな気がして、ちょっとワクワクの今日なのです。
                      明日の花買いも楽しみ♪


                      | 非日常のこと | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |