RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
太陽と月の魔女カード―Witch Cards of the Sun & the Moon
太陽と月の魔女カード―Witch Cards of the Sun & the Moon (JUGEMレビュー »)
マリィ・プリマヴェラ,小泉茉莉花,太陽と月の魔女(マリィ・プリマヴェラ&小泉茉莉花)
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

マリィ・プリマヴェラの日記


   *********************************

占い、面白いです!
なぜって自分のこと、あなたのことが的確にわかるから。
そして未来が見えるから。
それを生かすも生かさないのも自分次第、あなた次第。
上手に占いを使って楽しく生きていきたい!
それが私の願いです。

   *********************************

■鑑定のご案内 
http://diary.marie-p.net/?cid=45982

■「占い家庭教師」について 
http://diary.marie-p.net/?cid=45989

■お仕事について
http://diary.marie-p.net/?cid=44136

■お仕事のご依頼
http://form1.fc2.com/form/?id=912767

   *********************************
水星が双子座へ
0



    これは今日5月31日0時26分のホロスコープです。
    水星が双子座に入りました。

    そもそも水星は双子座を支配する星です。
    その水星が今日、牡牛座から双子座へと移動しました。
    本来の居場所に戻ったわけです。

    その双子座には今、太陽もいます。
    双子座が非常に強調されるシーズンがやってきたのです。

    収穫物があるかないかは、関係ありません。
    好奇心のおもむくままに動き回り、
    あちらにもこちらにも首を突っ込む。
    そして、どんどん話して、人から情報を引き出し、
    それをまた他の人に伝える。
    そんな軽やかさが、このシーズンに求められることだし、
    実際、そうなっていくでしょう。

    一方、蟹座に金星、蠍座に木星、魚座に海王星と
    水の星座にグランドトリンが作られています。
    豊かな感受性、あふれんばかりの母性、美しい夢…。
    敏感になればなるほど幸運を引き寄せるでしょう。

    …実は、私は双子座生まれ。
    上記の水星や太陽の影響をモロに受けています。
    そして月星座は魚座。
    水の星座のグランドトリンの影響もまた
    がっつり受けるという次第。

    なんだかウキウキしてきます。
    なにかがありそうな気がしてならない。

    世の双子座さん!
    そして蟹座、蠍座、魚座の水エレメントの方!
    きっといいこと、ありますよ!


    | 占星術 | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    12月20日、土星が山羊座へ
    0





      12月20日13時49分。
      土星が射手座から山羊座へと移動しました。
      今日から約2年間、
      山羊座に滞在し続けます。




      ※赤で〇囲みしてあるのが土星です。


      この瞬間、土星は太陽とほぼ0度。
      重なった状態です。
      しかし太陽はまだ射手座にいます。
      射手座28度29分。

      土星と太陽は、牡羊座にいる天王星と120度トリン。

      こういったアスペクトを取り出してみると
      アクセルとブレーキとを踏んだり離したりで
      なにやら騒がしく、
      しかし何によらず面白い展開になることが予想されます。
      力があるなぁ…、といった感じ。

      けれど何よりも
      山羊座の支配星である土星が
      本来あるべき場所である山羊座に入ったわけですから
      悪い結果になるわけがありません。

      土星は物ごとを遅延させ、
      艱難辛苦を与える星と考えられています。
      しかし苦しんだ結果はどうでしょう?
      必ず実りがあるのではないでしょうか。
      血のにじむような努力をすれば
      人はそれなりの、つまり努力の量に応じた成果を得ます。
      手を抜けばたいしたものを得られないことの裏返しです。

      まして自らの支配している星座にいるのですから
      土星のプラス面が生き生きと働きだすのではないでしょうか。

      今、苦しい思いをしているのならば
      とことん苦しんでください。
      のほほんとしているのならば
      あえて苦労してみましょう。
      きっとそれだけの価値がある時期なのだと思います。

      さて、占いユニット〈太陽と月の魔女〉のブログでは
      昨日から3日間にわたって
      12星座別に、土星移動がどんな影響を及ぼすかをアップしています。
      1日につき4星座ずつ。
      昨日、今日とアップしましたから
      明日は最後の4星座となります。
      どうぞお読みいただいて
      今後2年間、土星の影響をどう受け止め、
      どう過ごしたらいいかを考えてみてくださいね。

      | 占星術 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      月と太陽 & わたしの教科書
      0
        明日10月13日(月曜日・体育の日)は
        月と太陽が120度になります。
        トリンと呼ばれる、幸運を意味するアスペクト(角度関係)です。

        身も心もパワーがみなぎりそう。
        公私ともに快調ペースでやっていけるでしょう。
        体育の日でお休みの方も多いでしょうけれど、
        このチャンスに仕事や勉強を一気に片付けるといいと思いますよ。


        ・・・・・・・・・・・・・・


        そこで明日、わたしはお仕事お仕事!
        今ね、こんな本を開きながらお仕事をしてるのです。




        これはわたしの教科書。
        この本で占星術の勉強をした。
        すでに絶版になって久しいのだけれど、
        「占星学の見方」(東栄堂)という本。
        著者は、ルル・ラブア先生!

        もう何十年も使っているから
        ボロボロどころじゃないの。
        ページがちぎれてしまったりしてる。
        それでも何かあると必ず開くのが、この本。
        占星術が、折り目正しく語られている。
        中身が濃い。
        本当にいい本だと思う。

        果たして、この本を今もなお使っている占い師さんって
        いるのだろうかしら。
        少なくともわたしの身のまわりでは、いないのだけど…。

        その昔、ルル先生が
        「マリィさん、よく勉強してるわね」、
        そう誉めてくださったと
        人づてに聞いたことがある。
        わーい、嬉しい! と思いながらも
        それはルル先生のご本でお勉強してきたからよ、とも思う。
        星の解釈は、万事、ルル先生流なんですもん、
        そりゃあ、ねぇ…。

        この本がこれ以上ボロになってしまったら
        わたしはどうしたらいいか…。
        そうなる前に何か手立てを、と思いながら
        セロテープなんかで
        あっちこっちを貼るくらいしか、していない。
        スキャンしておこうか、
        コピーしておこうか、
        迷いながら何もしていないのは
        わたしがだらしないから。

        仕事がひと山越えたら
        できるだけ早いうちに
        この本をなんとかしなくちゃね。




        | 占星術 | 02:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        月と太陽 & わたしの教科書
        0
          明日10月13日(月曜日・体育の日)は
          月と太陽が120度になります。
          トリンと呼ばれる、幸運を意味するアスペクト(角度関係)です。

          身も心もパワーがみなぎりそう。
          公私ともに快調ペースでやっていけるでしょう。
          体育の日でお休みの方も多いでしょうけれど、
          このチャンスに仕事や勉強を一気に片付けるといいと思いますよ。


          ・・・・・・・・・・・・・・


          そこで明日、わたしはお仕事お仕事!
          今ね、こんな本を開きながらお仕事をしてるのです。




          これはわたしの教科書。
          この本で占星術の勉強をした。
          すでに絶版になって久しいのだけれど、
          「占星学の見方」(東栄堂)という本。
          著者は、ルル・ラブア先生!

          もう何十年も使っているから
          ボロボロどころじゃないの。
          ページがちぎれてしまったりしてる。
          それでも何かあると必ず開くのが、この本。
          占星術が、折り目正しく語られている。
          中身が濃い。
          本当にいい本だと思う。

          果たして、この本を今もなお使っている占い師さんって
          いるのだろうかしら。
          少なくともわたしの身のまわりでは、いないのだけど…。

          その昔、ルル先生が
          「マリィさん、よく勉強してるわね」、
          そう誉めてくださったと
          人づてに聞いたことがある。
          わーい、嬉しい! と思いながらも
          それはルル先生のご本でお勉強してきたからよ、とも思う。
          星の解釈は、万事、ルル先生流なんですもん、
          そりゃあ、ねぇ…。

          この本がこれ以上ボロになってしまったら
          わたしはどうしたらいいか…。
          そうなる前に何か手立てを、と思いながら
          セロテープなんかで
          あっちこっちを貼るくらいしか、していない。
          スキャンしておこうか、
          コピーしておこうか、
          迷いながら何もしていないのは
          わたしがだらしないから。

          仕事がひと山越えたら
          できるだけ早いうちに
          この本をなんとかしなくちゃね。




          | 占星術 | 02:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          天王星と火星 & グランドクロス!
          0
            4月22日・火曜日。
            天王星と冥王星が90度になります。
            スクエアと呼ばれる、苦難を意味するアスペクト(角度関係)です。

            偏った態度で周囲とギクシャクしがちです。
            自分の主義主張、生き方、あるいは趣味などを語るのは
            控えたほうが安全なようですね。


            ・・・・・・・・・


            実はここ数日、地球から遠い星たちが
            次々とスクエアという角度を作ります。
            その結果、グランドクロスと呼ばれる角度関係が生まれます。
            1999年夏、ノストラダムスの予言に
            同じグランドクロスというものがあったのを
            ご記憶でしょうか。

            今回のグランドクロスはかなり強烈です。
            私たち個人個人に与える影響も大きいでしょうし、
            おそらく国家的にも影響があるはず。

            そんな話をしたいのですが、
            いかんせん、テーマが壮大すぎて
            私にはどう理解していいか、どうご説明したらいいか、
            よくわからない…。
            占星術に携わっている者として失格かもしれません。

            つたないなりに私の解釈をお伝えするのならば、
            天王星、冥王星、木星、火星で作られるこのグランドクロスは
            私たちの想像力の範囲を超えたことを引き起こすのだと思います。
            ある日突然、天地がひっくり返るような出来事がおきる…。

            でも怖れることはない。
            なぜなら木星がからんでいるから。
            木星は、幸運と拡大の星です。
            木星がからんだアスペクトは
            それがどんなに悪さを働く星との角度関係であったとしても
            決して最悪の結果は呼ばない。
            これが占星術の法則です。

            たとえば、今まで順調に進展していた仕事。
            このままいけば相当な成果を出せる!
            そう思い込んでいたのに
            突然、事態が急転して
            一気にどん底にまで落ち込んでしまう。
            そんなことが起きそうなグランドクロスなのですが、
            木星の力が働けば
            落ちたどん底には意外なお宝が眠っているかもしれない。
            実力のある人が救いの手を差し伸べてくれるかもしれない。
            何であれ最悪の事態にはならないのです。

            また冥王星がからんでいることも
            ある意味、救われているのだと思います。
            冥王星は、破壊を意味する星であり、
            同時に再生も意味しています。
            新しいものを生み出すには
            なにかを壊さなくてはならない。
            しかし壊せばまた新たな芽が伸びていく。

            ですから私たちはこのグランドクロスをいたずらに恐れず、
            もしも大きなトラブルに出会っても、
            とんでもない事態に陥っても、
            希望を捨ててはいけないのです。
            必ず新しい芽ぶきがある!

            今回のグランドクロスの影響力は強く、
            今年中はその影響下にあると考えていいと思います。

            さて、何がおきるのか?
            怖いと思いながらも
            なにかワクワクするような期待も抱きつつ、
            自分を、家族を、友人を、
            そして世相を、世界の出来事を見ています。


            | 占星術 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            金星、水瓶座入り & アストロダイス講座
            0
              3月6日木曜日。
              これまで山羊座を運行していた金星が
              水瓶座に入ります。
              愛情面の様相が変わってきます。
              アッサリ、サッパリ、キッパリ!
              これが金星が水瓶座を運行している間のテーマです。
              言いたいことをハッキリと伝えるようにしてはどうでしょう。


              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



              アストロダイスというものをご存知でしょうか。
              1組が3つのダイスで成り立ってます。
              12面体のダイス3つに
              それぞれ惑星マークや
              1〜12の数字、
              12の星座マーク。
              この3つで1組。

              知ってはいたけれど
              でも使ったこともなく、
              まして手にしたことも、
              現物を見たこともなかったのだけれど、
              森井ゆうもさんが編集長の「魔法マガジン」で
              特集されていたことや、
              章月綾乃さんが実際に目の前でダイスを振って
              デモンストレーションしてくださったことで
              俄然、興味がわいてきた。

              そんな折、
              芳垣宗久さんにアストロダイスで占ったいただくチャンスが。
              うっ、面白い! 
              これはもう、ちゃんと教えていただこう!

              …というわけでお仲間が集まって、
              芳垣アストロダイス講座開講。

              アストロダイスのベースは西洋占星術なので
              基本はわかってる。
              だから使い方というかな、
              出たダイスの目をどう読むかというか、
              そんなことのお勉強をしたの。
              …ふふっ、わらび餅と抹茶をいただきながら、ね。

              参加者であれこれ意見を出し合って
              ダイスの目を読む。
              これが面白くってね。
              ご一緒した方は「振って振って振りまくるわ!」と。

              はい、私も振って振って振りまくる…つもりだったけれど
              根がだらしない性分。
              1日1回は振ろうね、というくらいかな。
              でも、なくし物を探すとき、
              打ち合わせを前に、どうアプローチしたらいいか、
              果ては、今日の服装とかね、
              そんなことに使ってる。

              今はまだ面白いぞぉ♪とワクワクしている段階だけれど
              いずれセッションに使えるように
              頑張って振って振って振りまくります、はい!



              | 占星術 | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              アストロダイス
              0
                これは何でしょう?




                アストロダイスと呼ばれるものです。
                どれもが12面体のダイス。
                赤は1〜12まで数字が刻んであります。
                黒には星座マークが12コ。
                そして白には10コの惑星マークと、
                ドラゴンヘッド、ドラゴンテールの記号が。

                数字はホロスコープのハウスを示します。
                星座は、そのまんま星座ね。
                そして惑星も、そのまんま惑星。
                この3つのダイスを一気に振って、
                出た目がホロスコープ代わりになるのです。
                要はホロスコープの要素を刻んだダイス。

                …といったって、占星術の知識がある程度ないと
                アストロダイスを手に入れたところで
                占いには使えないよねぇ。

                でもね、これがとても面白いの。
                ホロスコープというのは、平面に星を点在させて
                状況なり運命なりを語るもの。
                アストロダイスは、ホロスコープの要素を使ってはいるものの
                偶然に出たものを読み取るもの。
                まぁ、タロットの星占い版、みたいなものね。
                その偶然性が、実はものすごく端的に状況を語っている
                …ように思えるところが、面白いの。

                手に入れて以来、私は毎日、アストロダイスを振ってる。
                そして、思いつくテーマを占ってみている。
                ホロスコープを作る必要もないし、
                カードを広げる場所もいらない。
                ただダイスを振る小さなスペースがあればいいだけ。
                手軽にできるところもいいのかもしれない。

                でもね、太陽=双子座、月とアセンダント=魚座の私だから
                きっとそのうち飽きちゃったら
                ほったらかしになるんでしょうけどね。





                | 占星術 | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                2013年前半の恋愛運、アップ!
                0
                  お知らせするのがちょっと遅れてしまいましたが、
                  小泉茉莉花さんとのブログ【太陽と月の魔女】にて
                  2013年前半の恋愛運をアップしました。
                  例によって、私マリィ=太陽の魔女マリィと
                  茉莉花さん=月の魔女とが
                  半年間の恋愛運を語り合っています。

                  牡羊座〜乙女座(牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座・獅子座・乙女座)の
                  6星座は
                  http://sunandmoon.blog.so-net.ne.jp/2013-02-11

                  天秤座〜魚座(天秤座・蠍座・射手座・山羊座・水瓶座・魚座)の6星座は
                  http://sunandmoon.blog.so-net.ne.jp/2013-02-11-1

                  どうぞ参考にしてくださいね。
                  ステキな恋愛ができますよう、祈ってます!
                  | 占星術 | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  木星、牡羊座へ
                  0
                     

                    今日1月23日、これまで魚座にいた木星が

                    牡羊座へと移動しました。

                    木星は、幸運と拡大の星、と言われています。

                    そして、1年に1星座だけ動く星です。

                    だから簡単に考えれば、幸運のポイント、

                    物ごとが拡大していくときのキーワード的なものが

                    1月23日を境に変わるというわけです。

                     

                    しかし、今の木星の動きは急激です。

                    牡羊座入りした今日1月23日から約4か月後の6月4日には

                    牡牛座へと移動してしまいます。

                    普通ならば1年間は牡羊座に居座り続けるのに…。

                     

                    それから、去年のこと。

                    6月初めから9月初めまでの3か月間、

                    木星は牡羊座を運行していました。

                    魚座から牡羊座へと移り、

                    再度、魚座へと戻ったのです。

                     

                    さて、ここで占術を生業としている者らしく

                    木星の牡羊座入りを解釈しなくてはいけませんね。

                     

                    まずは牡羊座について。

                    牡羊座は12星座のいちばん最初に位置する星座です。

                    だから何かをスタートさせるチャンス期がきた、

                    ととらえていいと思うのです。

                    また牡羊座はエネルギッシュで、強い自我を持つ星座。

                    自分がこうしたい、こうなりたいと思うことに向かって

                    強気でチャレンジしていくことが

                    幸運への道になる、はずです。

                     

                    そして、それは昨年の6月〜9月の間に思いついたこと、

                    やってはみたけれど、なんだかイマイチだったこと、

                    そんなことに挑戦するといい。

                    昨年6月〜9月に一度、木星が牡羊座入りしていて

                    それは、今回の牡羊座入りの前哨戦みたなものだったわけで。

                    だから去年のことを思い出してみるといいでしょうね。

                     

                    さて、この木星移動が各星座の人にどんな影響を及ぼすか、

                    それを私のもうひとつのブログ【星のフラメンコ占い】に書いています。




                    12星座別ではなく、4エレメンツ別ですが。

                    フラメンコの話も書いてありますが

                    その前振りとして、全般的な話をしています。

                    きっと参考になることがあるんじゃないかと思うのです。

                    どうぞお読みくださいませ。

                     

                     

                    | 占星術 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    2011年前半の運勢アップしました
                    0
                      長い夏が終わったと思ったら
                      秋をすっ飛ばして、もう冬!
                      カレンダーを見ても、今年は残すところ2か月あまり。

                      ブログ【太陽と月の魔女】では
                      2011年前半の運勢をアップしました。



                      太陽の魔女マリィと
                      月の魔女=小泉茉莉花さんとの掛け合いで
                      運勢を読み解いています。
                      来年をよりよく過ごすために
                      ぜひお読みください!

                      牡羊座〜蟹座

                      獅子座〜蠍座

                      射手座〜魚座
                      | 占星術 | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |