RECOMMEND
太陽と月の魔女カレンダー2016【カレンダー】
太陽と月の魔女カレンダー2016【カレンダー】 (JUGEMレビュー »)
太陽と月の魔女,マリィ・プリマヴェラ,小泉茉莉花
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
太陽と月の魔女カード―Witch Cards of the Sun & the Moon
太陽と月の魔女カード―Witch Cards of the Sun & the Moon (JUGEMレビュー »)
マリィ・プリマヴェラ,小泉茉莉花,太陽と月の魔女(マリィ・プリマヴェラ&小泉茉莉花)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
プロフィール
マリィ・プリマヴェラ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

マリィ・プリマヴェラの日記

運命を味方につける西洋占星術
マリィ・プリマヴェラの日記です。


   *********************************

7月7日(金)、占いユニット《太陽と月の魔女/マリィ・プリマヴェラ&小泉茉莉花》が「七夕のお茶会」を開きます。
星占いや魔女のお話や、
《太陽と月の魔女》が二人で占うミニ鑑定も!
くわしくは当マリィ日記6月23日の記事、ブログ「太陽と月の魔女」 http://sunandmoon.blog.so-net.ne.jp/2017-06-19 をご覧くださいませ。

   *********************************

※鑑定のご案内
【対面鑑定】【メール・郵送鑑定】
お子様の将来を占う【赤ちゃん・子ども鑑定】がございます。

マリィ・プリマヴェラ オフィシャルサイト http://www.marie-p.net/
「鑑定・お問い合わせ」の“お申込みフォーム”よりご連絡ください。


   ______________________________________

《料金》
対面鑑定
●ショート鑑定 (30分)7,000円
●ロング鑑定 (2時間以内)18,000円

メール・郵送鑑定
●メール版ショート鑑定(約1000字) 6,000円
●メール版ロング鑑定(約2000字) 10,000円
●郵送版ショート鑑定(約1000字) 7,000円
●郵送版ロング鑑定(約2000字) 11,000円

赤ちゃん・子ども鑑定
(ロング鑑定のみ 約2000字以上)
●メール鑑定 10,000円
●郵送鑑定  11,000円


   *********************************


【太陽と月の魔女/年運ノート2017後半・パーソナル版】発売中!

ご購入者さま個人の2017後半期の運勢について
〈太陽と月の魔女〉が二人で語りあうスタイルで
パーソナルかつ詳しい運勢をお届けいたします。

※詳しくは以下の記事をご覧ください。
http://sunandmoon.blog.so-net.ne.jp/2016-08-09


詐欺!
0



    このハガキ、なんだと思いますか?
    私が何かしでかしたとでも?

    昨日、今日と立て続けに2通、
    全く同じ文面のものがポストに入っていました。

    郵便物を取り込んだ家族は、
    私が悪さを働いたのかと訝しがっていましたが
    いえいえ、そんなこと、あるはずがありません!

    ねえ、このハガキのタイトルをご覧ください。
    「総合消費料金」ってなに?って話です。
    こりゃ怪しいぞと思って
    すぐにネット検索。
    ありましたよ、たーーーっくさんの情報が!

    こういう郵便物を送って詐欺を働くそうです。
    慌てて記載の電話番号に連絡しちゃうと
    住所と当人が特定されて
    そこから話が進んで、お金を巻き上げられるんですって。

    念のため消費生活センターに連絡したら
    最近、広域にわたってこの手の詐欺が増えているそうです。

    こんな郵便物が届いたら、どうおお気をつけになって‼
    | 日常雑記 | 02:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ハッピーバースディ!
    0
      6月の初めが誕生日でした。

      ソーラーリターンのチャートを作り、
      読んでみました。
      1年前のソーラーリターン図は、それはそれは悲惨でした。
      12ハウスに星が4つ。
      もう、それだけでゲンナリです。
      メンタル、やられちゃうな…と思ったら
      案の定、心療内科のお世話になりました。
      今も通院し続けています。

      今年のソーラーリターン図には、その苦しさがない。
      かろうじて、ですけれど
      1ハウスに木星がいて、
      2ハウスに月。
      ハウスこそ違うものの、月と木星はコンジャンクション。
      なにやら心が広がっていく感じです。

      さて、誕生日当日は
      大好きなお赤飯を炊きました。
      翌日、お友だちとお食事したら
      サプライズで、バースデープレートが出てきました。
      別のお友だちからは思いがけずも
      素敵なプレゼントをいただきました。
      占い講座に参加して
      ジオマンシーという魅力的な占いを体験しました。
      とても嬉しい! とても楽しい!

      そして昨晩のこと。
      リビングに行ったら、テーブルの上にこれが!



      黄色の花を集めた花束と
      この夏のミュージカル公演「ウエストサイドストーリー」のチケット!
      私の大好きなウエストサイドです!
      娘からの誕生日プレゼントでした。

      どうです、しょっぱなから
      ソーラーリターン図が物語るとおりの展開…
      のような気がしませんか?


      | 日常雑記 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      100円入れると…
      0
        昭和ですよね、これ。
        100円入れると12星座別の毎日の運勢が
        まるでおみくじみたいに出てくる、あれ。
        …って、一度もやったことがないのですが。
        近所の焼肉屋さんにありました。





        「不思議によく当たる!
        あなたの今日・明日の運勢…」
        そんなコピーが書いてありました。

        昭和もかなり昔に生まれた私にとっても
        この星占いの機械は
        裏びれた食堂なんかに置いてあるイメージなので
        平成になって30年近くもたつ今、
        現役でテーブルの隅っこに置いてあるお店なんて
        そうザラにはないでしょうね。

        何年か早く生まれていたら
        このおみくじタイプの星占いを書いていたかもしれない⁉
        なんて思ったのでした。
        | 日常雑記 | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        章月綾乃先生の御著書
        0
          過日、2冊の本が送られてきました。
          章月綾乃先生の御著書。
          「2020人 名前占いBOOK」(小学館)
          「裏運命数占い」(アントレックス)





          まだ寒かった頃。
          章月先生の名前占いのお仕事を、
          ほんの、ほんの、ほ〜んのちょっぴりだけ
          お手伝いしたのですが、
          そのお仕事がこうして形になりました、と
          送ってくださったのです。
          ありがたいことに、謝辞までいただいたりして。



          …ちょっぴりのお手伝いなのに、ここまでしていただいて
          穴があったら入りたい。。。

          ひと月前に発売になった「裏運命数占い」も同梱されていました。
          こちらはお手伝いしてませんよ、念のため。

          章月綾乃先生は、バリバリお仕事してらして
          原稿を書き、多岐にわたる方々と社交し、
          アイデアと行動力にあふれ、
          保護猫を飼い、
          ときに私の相談にも懇切丁寧にお答えくださるという
          ほんとうにスゴイ方です。

          「名前占い」には、2020もの名前が網羅され、
          性格、恋愛傾向などびっしり。
          何本もあるコラムも楽しい♪

          「裏運命数占い」は、章月綾乃先生オリジナルの占い。
          「裏」と銘打っているとおり、
          裏性格、裏運命、つまり隠れた性格や運命ね、
          それをズバリと語ってる。
          これがね、すごく当たってるのですよ!
          さらに2017年4月〜2018年3月までの運勢も載ってます。

          書店、コンビニで見かけたら
          ぜひお手に取ってご覧ください。
          そして、お買い求めいただけたら
          お手伝いした私としても嬉しいです!

          | 日常雑記 | 17:20 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
          タケノコ無惨
          0
            タケノコのシーズンです!
            待ちかねていました!
            大好物ですもん、野菜直売所に飛んでいきましたよ。

            オープンの10時には人が列をなしている直売所。
            レジにも行列ができてしまうほど人気のお店です。
            タケノコのこの時期には、売り場は人だかり。
            それぞれが出来のいいタケノコを手にしようと
            まさに掘り出しているのです。

            ジリジリしながら自分の番を待って
            ようやく手に入れたタケノコ1本。
            さっそく茹でて…。




            気が付いた時には、この状態です、泣きたい。。。。

            いえね、どうせ30分1時間と茹でるわけだからと
            キッチンから離れて、仕事部屋に入ったのですよ。
            それがいけなかった。
            PCと格闘していたら、タケノコのことを忘れちゃった。
            (いえ、本当に格闘だったのです。
            PCを新調したら、自分のアカウントとか、写真とか、
            もう何もかもが思い通りにいかなくて…)

            なんだか香ばしい匂いがするなぁ、と思ったら
            あ! タケノコ!!

            コンロを見たら、もう茹で汁はカラッカラになくなってて
            焦げてたという始末。
            初タケノコですよ、それが焦げちゃっただなんて!

            私が悪いのです。
            こういう失敗はよくあります。
            お鍋を焦がすのは、年に5〜6回かな。
            ヤケドは大小合わせたら月1回。
            食器を割ったり欠いたりするのは年に10回程度。

            水星と火星がコンジャンクション、というホロスコープをもっているからね、
            と自分を慰めます。
            慌て者、というか迂闊なのですよ。
            目の前にあることに気を取られて、ほかのことを忘れてしまう。

            ともあれ、焦げたタケノコ、
            どうせだからと、豚肉と合わせてバルサミコ酢でソテーしました。
            ん? それなりには美味しかったですよ、まあね。

            で、改めてタケノコを仕入れました。
            今回はキッチンに居座って茹でました。
            それを使ってタケノコご飯、作りました。
            ブログ《太陽と月の魔女》で明日、というか、もう今日ですが、
            レシピをアップいたします。
            もち米をつかったタケノコご飯です。
            ご興味のある方は、どうぞご覧くださいませね。


            | 日常雑記 | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            桜に思う・続き
            0
              トライポフォビア=斑点恐怖症で
              桜のシーズンはちょっと困る、というのが
              前回のお話でした。

              そして恐怖は新たな恐怖を呼ぶ。
              つまり「怖い」という思いが
              「怖いかもしれない」という恐れというのか妄想を生んで
              新しい恐怖を呼び込むのだ、と
              私は思っているのです。

              これね、逆もまた然りなのではないかしら。
              恐怖のようなネガティブな感覚とは反対の
              ポジティブなものも
              また同じ仕組みなのではないかと。

              なにかで「嬉しい」と感じます。
              すると同じような状況があれば嬉しい感覚がよみがえる。
              こうなるといいなぁ、という思いが
              新しい「こうなる」を呼び込むというわけです。
              引き寄せの法則みたいにね。

              桜井識子さんという方がいます。
              霊能力のある女性で
              面白い本を次々と書いていらっしゃるのですが
              とりわけ「運玉」という本を読んで
              私はウキウキしたのです。



              というのも、識子さんは豊臣秀吉のお墓・豊国廟で
              秀吉公とお話をしたそうです。
              ほら、スピリチャルな能力のある方ですからね、
              亡くなった方の魂ともお話できるのです!

              で、秀吉公が言うには、「運玉」というものを持っていたそうな。
              ツイてる!と思ったら「ツキがあるなぁ! 嬉しいよ!」と
              運玉に話しかけるのだそうです。
              そして運玉をなでる。
              すると運玉はどんどん育っていく。
              運玉が大きくなればなるほどツキもまた大きくなる。
              秀吉公はスイカ玉くらいまで育てたのだとか。

              あ、運玉って、現実の存在じゃないですよ。
              自分の心の中で運玉があると思っている、という話。

              妄想が妄想を呼び、現実化する。
              いえ、思いが思いを呼び、かな?
              …どっちでもいいや、
              要はトライポフォビアのようなマイナス方向のものも、
              運玉のようにプラス方向のものも
              同じ仕組みなんじゃないだろうか、というお話。

              もしも同じことなら、そりゃあプラス方向がいい。
              ポジティブなほうがいい。

              というわけで、私も識子さんを真似て
              せっせと運玉を育てています。
              直径1ミリくらいだったものが、2センチ近くになってる!

              …桜はもう終わって、新緑の季節に移ったけれど
              そんなことを私はぼんやり思っていたのでした。

              | 日常雑記 | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              桜に思う
              0
                トライポフォビア。
                集合体恐怖症、あるいは斑点恐怖とも。

                斑点恐怖症というとおり、
                斑点、つまりツブツブを見るとゾッとして体が強張り、
                呼吸が荒くなり、気分が悪くなって、
                場合によっては気絶する…。

                私はこのトライポフォビアです。
                これがために、お花見ができません。
                桜の花のひとつひとつの真ん中に、おしべとめしべがあります。
                その花がびっしりと木にへばりついて
                それがずーーっと続いているのが、お花見の場面ですよね。
                怖いです。
                ぞっとします。
                体に緊張が走ります。
                こう書いているだけでも息が荒くなりそう。




                その場を立ち去りたくなります。
                それができないときは、地面を見たり、目をつぶったりして
                桜の花が目に入らないように工夫します。

                いつの頃か、そうなりました。
                先端恐怖症、高所恐怖症、そういったものと、まぁ同じでしょうね。

                よく車を運転するのですが
                うっかり桜並木などを走ろうものなら
                もう視野が急速に狭まり、ひたすらスピードを上げて突っ走ります。
                だって桜並木ときたら
                延々と桜の木が続いているのですから。

                幸いなことに桜のシーズンは非常に短い。
                だから、やり過ごすことができます。

                ところが春になると桜のみならず、次々と花が咲きます。
                私が住む東京郊外は群生しているスポットが多く、
                今年は桜以外の花でも、びっしりと咲いているのはダメになりました。
                中心にくっきりとポイントがある、同じ形のものがどっさり並んでるだなんて、
                怖い!

                そうと意識しなければ、あるいは大丈夫なのかもしれません。
                しかし自分はトライポフォビアであり、
                ツブツブが怖いのだと認識してしまった今、
                もはや「花」を意識しないわけにはいきません。

                確かに何年か前までは、説教的にお花見してました。
                キレイだねぇ、ステキだねぇと桜の花を見ていました。
                お花見できなくなったのは、いったいどうしてなのでしょう…。

                何かのキッカケでトライポフォビアというものの存在を知って
                あっっ! と思ったときから、私はトライポフォビアなのです。

                怖い!と感じたら、人は恐怖の対象を避けます。
                これ以上、怖い思いはしたくないから。
                対象は、たとえば「桜の花」「お花見」と大括りに限定できても、
                詳細に見れば、それ以上にいくつでも出てきます。
                花の群生、パイナップル、いくら…。
                怖いから、次々と出て“きそう”な対象物を避けるようになる。
                ひょっとしたら本当に怖いかもしれないものね。

                しかし、これ、幻想かもしれない。
                「怖い」ではなく「怖いかもしれない」なのだから。
                単なる思い込みかもしれない。
                なんであれ恐怖を味わいたくないから、
                可能性がちょっとでもあるものは、遠ざける。
                そして、怖いかもしれないし、怖くないかもしれないものを
                できるだけリアルに思い浮かべてみては
                あ、やっぱり怖い、と思うわけです。
                でも、それはあくまでも自分の頭の中で操作しているだけであって
                現実に怖いのか、怖くないのか、確認しているわけではない。

                言ってみれば、自分の力で恐怖を呼び起こし、
                その恐怖が次の恐怖を呼ぶわけです。
                あるいは、恐怖が新たな恐怖を生み出す。

                今日も仕事部屋の窓から覗けるたくさんの桜が目に入らないよう
                カーテンを閉めて部屋に籠っていたわたくしです。

                さて、そんなことを考えていると
                恐怖というマイナスの方向の話ではなく、
                ラッキーとかツキとかのプラス方向の話が思い浮かびました。

                …続きはまた後日。


                | 日常雑記 | 00:35 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
                環境を変える
                0
                  2月8日の花買い開運法の効果があって
                  4日後の2月12日
                  12万円ほどするパソコンを
                  6万2千円で買えました!
                  近所に大型電気店がオープンし、
                  その目玉商品を抽選で当てちゃったの♪♪

                  ところが!
                  悲しいかな、私には自力でPCをセットする力量がありません。
                  電気店にお願いして人に来てもらうことにしたのだけれど
                  他人に入られたら恥ずかしいほど
                  ゴタつきまくりの仕事汚部屋(!)…。

                  汚部屋を片付ける時間をいただいて
                  ようやっと3月1日に新パソコン導入!



                  ついでにデスクの位置を変えました。
                  風水の先生からのアドバイスで
                  仕事机、勉強机は出入り口を向いているほうがよろしいと。
                  ほら、社長室のデスクがそうじゃありませんか
                  あれ、です!。

                  私のデスクは、出入り口を背中にしていました。
                  これってね、背中で気配を感じるでしょ。
                  それがよくないのだそうです。
                  集中力が落ちるらしい。
                  背面に秀才なし、だったかな?
                  そんな言われ方をするのだそうです。

                  さて、窓向きだったデスクを
                  窓とは反対にあるドアに向けて
                  新しいパソコンを目の前にして。

                  こうやって環境を変えると
                  なんだか仕事がサクサクはかどりそうな気分。
                  新しいキーボードの使い心地もよろしいし、
                  慣れないwindows10にオロオロしながらも
                  そうたいしたことじゃないや、と思える自分が
                  なにやら誇らしい。

                  ほんのちょっぴりではあるけれど
                  環境を変えてみるのも、また大事なことなのだと
                  しみじみ思う今夜なのです。
                  | 日常雑記 | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  私が骨折した理由
                  0

                    10月12日、ちょうど1か月前の午前10時のこと。
                    最寄駅の下り階段で足を踏み外し、
                    前のめりに転んでしまいました。
                    頭が下、足が上という姿です。
                    まるで巨大なカエルが階段に突っ伏したよう。
                    恥ずかしくて、すぐに起き上がりたかったけれど、
                    左膝をしたたかに打っていて、
                    あまりの痛さに、しばし立ちあがることができませんでした。

                    ようよう体を起こし、よろよろと電車に乗ったはいいものの、
                    時々刻々と痛みが増し、
                    腫れも酷くなっていきます。

                    その日は1日、お出かけでしたが、
                    夕方になる頃には、痛みでまともに歩けず、
                    家族に迎えにきてもらいました。

                    帰宅後、これはただの打撲じゃないと思い、
                    近隣の病院に電話してみたのですが
                    どこも整形外科医は手術に入っていて
                    診察を受けられない状態。

                    ふと思い出したのが、娘の友人のこと。
                    彼はアメリカ人で、医者の卵。
                    彼の地にはフットドクターというお仕事があるそうで、
                    足専門のお医者様になろうとしているのですね。
                    連絡をとって、私の膝の写真を送ったら
                    速攻、返事が返ってきました。
                    「RICE」だよ、と。

                    R=REST…安静に
                    I=ICEING…冷やす
                    C=COMPRESSION…圧迫(おそらく固定か?)
                    E=ELEVATE…高く

                    そして、明日には必ず医者に行くように、と忠告されました。

                    さて翌日、タクシーに乗って整形外科に行くと
                    あっさりと「骨折ですね。膝のお皿が割れてます」と。



                    嬉しそうな顔をしてますが
                    痛い痛い痛い…のですよ。

                    しかし不幸中の幸いでした。
                    割れた箇所にズレがなかったのです。
                    もしズレていたら手術だったと。
                    ラッキーでした。

                    全治1カ月。
                    今日で丸ひと月です。
                    経過は順調。
                    けれど外出時には、松葉杖を片方と、
                    足に巻き付けた装具を忘れないようにとも言われました。
                    筋力が弱っているので
                    膝崩れを防止するためだそうです。

                    長々と綴りましたが、この怪我はいったい何が原因しているのか、
                    ホロスコープをチェックしてみました。

                    10月12日のホロスコープを見ると
                    運行中の土星がいて座12度43分。
                    私の太陽は、双子座13度70分。
                    みごとにオポジションを作っています。
                    土星は、膝、骨などを支配しますから
                    私の膝骨折、これはもうドンピシャ!ですね。

                    さらにその日の月は水瓶座23度あたり。
                    私の12ハウスに入っています。

                    私は睡眠障害があり、睡眠薬を服用中。
                    骨折した当日は、睡眠時間が5時間ほどと短く、
                    舌ったらずな話し方をし、ドテドテと歩いていた、
                    とは娘の弁。
                    おそらく服用した睡眠薬がまだ体の中に残っていたのでしょう。
                    これ、12ハウスに月が入っていたことと関連していると思います。
                    12ハウスは形にならない、ぼんやりしたものを示していますから。

                    …と、ここまで考えて、
                    そうか、睡眠薬がいけなかった、
                    もっと言えば、睡眠薬の影響を推し量らなかったのが
                    骨折の原因だったんだと気づいて、
                    ホロスコープを見るのをやめてしまいました。
                    これだけわかれば、もう十分です。

                    1ヶ月前の今日は、何があってもおかしくない日でした。
                    事前にそれとわかっていれば
                    足元注意、睡眠注意と自分に言い聞かせていたでしょう。

                    しかし占い師といえども、
                    毎日毎日ホロスコープをチェックするわけではありません。
                    私だけ? 

                    なんにせよ、起きてしまったことは仕方ない。
                    痛くて不自由な思いをしたけれど
                    そして筋肉が一気に減ってしまったけれど
                    これを教訓にするしかありません。
                    …健気にもそう思うわたくしなのです。


                    | 日常雑記 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    月と火星 & 龍の雲
                    0
                      明日2月15日(月曜日)は
                      月と火星が90度になります。
                      スクエアと呼ばれる
                      障害と困難とを意味するアスペクト(星同士の特別な角度関係)です。

                      人間関係にトラブルの予感。
                      きついひと言には注意してください。
                      争いを引き起こし評判がダウンする可能性があります。
                      言いたくなっても我慢が正解。


                      ・・・・・・・・・・・・・


                      前々から龍の形をした雲を見たいものだと思っていました。
                      ヒーラーRちゃんと呼んでいる友人に聞くと
                      「それほど珍しくはないです。
                      わりとよく見えますよ」と。

                      以来、折に触れて空を見ているのだけれど
                      龍に出会ったことがありませんでした。
                      観察不足かもしれないし
                      思い込みの強さが邪魔をしているのかもとも考えたのですけれど
                      見てないものは見てない!

                      ところが今日の夕方のこと。
                      ベランダに出て
                      いつものように空を眺めていたら
                      あらら? あれは龍の頭?




                      画面の真ん中あたり、
                      右と左に小さな雲のかたまりがあるでしょ。
                      それが龍の頭に見えたのです。

                      最初は3つ並んでいました。
                      慌ててカメラを取りに部屋に入り
                      再度ベランダに出てみたら
                      何ともお粗末なことに
                      龍たちはぼやけてしまっていて
                      真ん中の龍にいたって
                      もはや形すらなく…。

                      それでも龍の頭が2つ残っています。
                      おわかりになるかしら。

                      仲よくしている章月綾乃さんから
                      こんな写真をいただきました。
                      これは、また、みごとに龍!



                      さて、龍の形をした雲を見たならば
                      ではどうなのだ?という話ですけど、
                      そこに意味を見いだす人もいれば
                      なるほど龍の形だね、というだけの人もあり。
                      私は好奇心が強いから
                      とにかく見てみたい!
                      何であれ、見てみたい!

                      で、今日見た雲がそれかもしれない、
                      そんなお話でした。
                      いや、できるなら章月綾乃さんのように
                      まんま龍!といった雲を見てみたいものだけれど…。



                      | 日常雑記 | 21:56 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |